ホーム>NTW Inc.スタッフブログ

NTW Inc.スタッフブログ

相互理解

最近、小学生になった息子からいろいろな疑問をぶつけられるようになった。

その日あった世間のニュースをゆっくりチェックする間もないため

自宅に帰宅後、家事をしながらも、ある時間だけはニュース番組を見るようにしている。

子供向け番組にチャンネルがあっていても、その時間だけは「ニュース!」と私が言うためか、

最近は子供の方からチャンネルをあわせておいてくれるようになった。

 

毎日、様々なニュースが流れている。

小学生の息子はそれぞれのニュースを見ては

「事件なの?誰か悪いの?」「この人犯人?被害者って?」

「この人は何をしたの?偉いの?」等々。

小学生の今の知識を総動員した上で、彼の知りたいこと、聞きたいことは次から次へと あふれてくる。

「ちょっと黙ってて」「あなたにはまだ理解できないから」「そのうち分かるようになる」

と言いたくなるのを、グッとこらえて出来る限り答えるようにしているが、

大人に説明するよりなんと難しいことか…。

 

以前、「本当に自分が理解できたかどうか確認するのは、

他人に説明してその人が理解できたかどうかで分かる」と言われたことがあり、

本当にその通りだと思った。

自分の中で消化できた物事が、周囲も必ずしも消化されているわけではない。

頭じゃそんなこと分かっているのに、周囲が理解していないと

つい「なぜそんなことも理解できていないのか」と嫌悪感を感じてしまう。

 

仕事では特にそうだ。

社内、同じ業種、同じ業界で働いていても 年齢、経験、環境、性格が違えば

同じ事例も違った理解になる場合はよくある。

経験の浅い相手に「そのうちわかるようになるから」だけでは無責任だし、

自分より先輩になる相手に「なぜそれを分かっていないの」と思うのも 浅はかである。

自分が理解できているからOKなのではなく、

一緒にいる人、一緒に仕事をする人、またはその相手になる人にも、

共通理解をしてもらう努力は怠ってはならない。

0から全てをレクチャーする必要はなくても、きちんと説明をして理解を求めることは

逆の立場になれば明白だ。

そうし合うことで、相互関係がよくなり 自分にとっても相手にとっても

プラスに働くことはより増えていく。

 

プライベートでの家族や、友人等もそうなのだと思う。

今後もそれを心がけて過ごしていきたいと思う。

 

言葉を選びながら、食事中の息子にニュースの疑問について

一生懸命私なりに説明をしていた。

すると息子が「これ、あんまりおいしくない…」

私が心の中で「ギャフン!」と叫んで、

ニュースの説明どころではなくなったのは 言うまでもない…。

 

M.Y

マニュアル

社内ではどちらかと言えば几帳面と思われているかなと、

淡い期待を持っていますが

私生活では電化製品等の説明書を読まず、

料理の味付けも大さじ2なら、「いーち、にーぃ(ドボドボ)」、

小さじ2なら「いち、に(ちょぼちょぼ)」と感覚的に進めてしまう大雑把な私です。

 

電化製品の調子が悪くなれば、まず少し叩いてみますが直ったことはありません。

(その度に見かねた主人が呆れた顔で説明書を読み、修復。)

料理の味も濃かったり薄かったり…

(家族は文句を言わず食べてくれます。諦めたのか、私に文句を言うのが怖いのか…?)

 

説明書や料理本があっても適切に使わないと宝の持ち腐れです。

 

仕事をしていく上で適正なマニュアルがあることは重要であり、

マニュアルに沿った正しい手順で進めると、より的確な対応ができると考えます。

 

もし、マニュアルが 現場に基づいて作成されていないとしたら?

長期間更新されていないとしたら?

誰か1人のものとして扱われていたら?

 

それはきっとマニュアルではなく、誰かにとっての都合のいい文書、

もしくは役に立たない文書になっていることでしょう。

 

立場や経験、仕事に対する熱意が異なると、1つの物事に対する認識も異なっていたり、

マニュアルを読むこともせず、業務を行ってしまったりする人もいるかもしれません。

必ず現場の状況に基づき、現場で仕事をしているスタッフの意見を元に

マニュアルを作成、周知、実行していくべきだと考えます。

 

年末で何かと忙しない季節になってきました。

マニュアルの更新は時間のあるときに、とつい後回しになってしまいそうになりますが

現場は日々変わっています。

いつでも安心して海外製の製品をご依頼頂けるよう、

「現場商社®」として、工場と共に随時適正なマニュアルかどうか確認、更新して

お客様により満足して頂ける製品・サービスをお届けできるよう努力して参ります。

E.N

言葉の力と恐ろしさについて

つい最近、とても怖い記事を目にしました。

日経ビジネスオンラインに掲載されている記事で元ケンブリッジ・アナリティカの

研究員だった方のインタビュー記事です↓

https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/100500021/111300028/

ケンブリッジ・アナリティカは前回の米大統領選挙、英EU離脱投票の際に、

Facebookから不正に得た個人情報をもとに一部世論をある特定の方向に

仕向ける操作をしたのではないか、という嫌疑がかけられています。

元研究員の方が言うには、最初は普通だった人がある特定のメッセージを

SNS上で触れ続けると、最後にはとんでもない人種差別主義者に変貌していると言うのです。

つくづく、言葉というのは繊細かつパワフルで、使い方には気を付けないと

いけないと考えさせられました。

他人の思想までをも操り、選挙結果を左右しようとする目論見とは

スケールも次元も比較になりませんが、日々の仕事の中で社内・社外を問わず、

自分が発する言葉について考えさせられました。

思うように自分の意図したことが伝わらない、聞きたくないだろうけど、

伝えないといけないことがある等、色々な状況が日々の業務の中では起こります。

最終的には真摯かつ正直でいることがベストだと個人的には思うのですが。。。

可能な限り冷静に自己を顧みることも、大切なことだと思います。

 

そして、もう1つ私がこの記事を読んで決意を新たにしたことがあり、

それは「やっぱSNSは極力や―らない!」ということです。

どれほどの防御策になるのか、分かりませんけどね(笑)

N.K

時そば

最近、落語を聞くことが増えてきました。

通勤時間や掃除や洗濯といった隙間時間に、スマートフォンで聞いています。

小さい頃は落語といえば、祖父母の聞くもの、お侍さんの時代の高尚で

難しい話とばかり思っていましたが、 この程、そんなに肩ひじ張るものでもないと気づきました。

落語家さんの名前もろくに知らず、演目もまだまだ初めて聞くものばかりですが、

やっと自分も成長したのか、構えず聞いて楽しめるようになってきました。

 

そこで、せっかく大阪にいるなら生で上方落語を聞いてみようと、

大阪天満宮のすぐ裏、天満天神繁昌亭に足を運んでみました。

当日券の発売開始すぐに列に並んだのですが、取れたのはぎりぎり隅に座れる200番台、

日曜日ということもあって立ち見も出るほど、大勢そして広い年代層の方がいらっしゃっていました。

若手の落語家さんを追いかけるファンの方だったのでしょうか、

自分と同世代くらいながらとても落語にお詳しい方もいらっしゃり、大変勉強になりました。

 

普段音のみ、ということもあり、やはり感動したのが演目中での身振り手振りです。

扇子がお皿になる、本になる、櫂になる。

舟を漕ぐしぐさ一つで、水の音、朝霧がかかる情景が浮かんできました。

そしてもう一つ、お話の導入部分に当たる「マクラ」もまた印象的でした。

時に危なっかしい時事ネタも使いながら、 すんなりと本題に入っていく話術は、

録画録音では味わえない臨場感がありました。

 

ただ、これを真似して仕事の中で魅力的な話ができるようになろう、と

邪なことを考えても、 素人が背伸びしているのがばれてしまい、上手くいかないでしょう。

次は浅草演芸ホールかな、新宿末廣亭に行きたいな、 と楽しいことを考えながら、

少しずつ上達が見られたらいいなと思っています。

H.S

20181119122610.jpg

その先にある、えん

先日お客様から以下の内容を共有いただきました。

ある交流会にてあった「あいうえお」だそうです。

 

あ かるく

い しを持って

う んがいいと思う

え んを大切に

お おきな夢を持って

 

どれも素敵で大切にしたい文章です。

全て実行できると良いなと思いますが、今回「え」を挙げたいと思います。

えんというと、必然的や定められたものと勝手なイメージがあるのですが

世間話から発展した見積依頼や、 お客様から異動の報告を受ける上司を見ていて

作り上げて出来る関係性の延長にあるものだと感じています。

信頼性、連絡の頻度、人それぞれ様々な関係継続のカギはありますが

えんを感じてもらえる、感じるお客様との関係構築を築いていきたいと思います。

 

私自身、これまで営業活動をして 名刺交換をしていただいたお客様は約200人です。

お客様から教えていただいた「あいうえお」を大切に

これからももっともっとNTWを、お客様へ発信していきたいと思います。

 

H.O

健康診断

先日、中国の国慶節休みで一時帰国しておりました。

毎年、国慶節休みに一時帰国した時に健康診断を受診しております。

昨年までは東京本社近くのクリニックで受診しておりましたが

今年は東京方面へ行かなかったので地元の関西の総合病院で受診しました。

今まで結果は1ヶ後くらいにならないと分からなかったのですが、

今回、総合病院で院内で血液検査できるからか健康診断後すぐ血液検査の結果は分かりました。

昨年の健康診断ではγ-GTP、尿酸、悪玉コレステロールが基準値を超えており

悪玉コレステロールは3年連続基準値オーバーで毎日軽い運動をしましょうと

健康診断の結果に書かれてました。

しかし今回はなんと全項目基準値内でした。

恐らく昨年から退勤後、会社宿舎まで歩いて帰ることを始めた効果があったのではないかと思います。

当初は20~30分で着いてしまうのでこれで効果あるのかなとは思いつつ

何もしないよりは良いだろうと考え継続しておりました。

 

健康に限らず仕事でも何でも小さなことでも良いと思ったことは

継続すればいつか効果は現れてくるものだと感じました。

 

話は変わりますが健康診断の数日後、紅葉が見頃と知って

長野県の御嶽山を八合目まで登ってきました。

今まで何度かネパールでヒマラヤ山中をトレッキングしたことあるのですが、

日本の山を登ったのは初めてです。

1年間毎日歩いて帰ってたし日本の山なんか楽勝だろうと何の準備もせずに行ってみたら、

これが結構大変で途中までロープウェイで登り1時間ちょっと歩いただけですが

急な登りばかりでばてました。

 

中国に戻るまで筋肉痛が続いてまだまだ運動不足のようです。

2018102910936.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M.M

深セン社員旅行~その後~

9月末に深センメンバーは社員旅行で大阪へ行き、

その後、深センメンバーで旅行の振り返りを行いました。

 

振り返りの内容は、日本へ行ってみて気づいたことと、

今後の生活にどう生かすか、 等を自由に話し合いました。

気づきとして、メンバーの話では、

・準備や手配をしてくれた日本のメンバーの温かさや心遣い

・NTWのグループとしての一体感を感じられた

・サービス精神が素晴らしい

・台風直撃後の復旧や回復が早い

・気にしない所まで清掃が行き届いている

などの意見が挙げられていました。

 

しかし、その他の意見の中で私が最も驚いたのは、

お年寄りの方々が元気に働いている、という意見でした。

今回、自分が普通の光景に見える画が、彼女たちにとって新鮮な画に見えたことが、

私にとっての気づきでした。

話を聞くと、中国の定年は男女で異なるようで、

男性は60歳、女性は職位により50~55歳とされているそうです。

しかし、ネットの情報を見ると、中国も将来定年退職の年齢が上がっていくようです。

その話を聞いてから、国慶節に日本へ一時帰国した時に 外の景色を見ていると、

確かに、お年寄りの方々が元気に働かれていたり、 車の運転をしていたり、

ショッピングを楽しんでおりました。

自分もいつまでも元気に過ごしていたいとも感じました。

 

今回の旅行では、深センメンバーが日本のメンバーとゆっくり話せて、

拠点間での親近感が湧いた時間でもあったと思います。

1拠点の中の1人のメンバーではなく、NTWグループの一員であるという認識が強くなり、

帰国後、それぞれのメンバーの表情が変わり、今まで以上にイキイキと仕事をしています。

 

今回の経験での気づきを活かして、深センの拠点として、より一層レベルアップしていきます。

R.F

中国輸入で気をつけたい、国慶節・春節大型連休

中国の祝祭日と言えば「国慶節」と「春節(旧正月)」が特に有名です。

毎年、中国人の誰もが楽しみにして心待ちにしている大型連休でもあります。

つい最近中国では10月の頭は国慶節で、1週間のお休みでした。

ということで、今回は国慶節についてお話しようと思います。

 

国慶節とは、毎年10月1日に祝われる新中国成立の建国記念日です。

1949年10月1日に毛沢東を主席として北京を首都に定め、

天安門広場で新中国の誕生を宣言されて建国式典が行われたことに由来します。

 

中国語で「慶(簡体字:庆)」は祝う、祝賀すると言う意味で、

国慶あるいは国慶節で国を祝う日、建国記念日という単語になります。

国慶節はまた「十一(シーイー)、黄金周(ゴールデンウイーク)」にも呼ばれています。

 

国慶節は春節(旧正月)との過ごし方は少し違います。

春節は実家に帰省する傾向が強いため、「秋のゴールデンウイーク」と呼ばれる国慶節期間に

旅行に出かける人がかなり多いとされています。

ちなみに、最近SNSのWeChatに友達の風景写真や自撮り写真が一気に増えています。

近年では、この休暇を利用してたくさんの中国人観光客が

海外旅行に出かけることがニュースになります。

中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)によると、

大型連休中の中国本土以外の人気旅行先では、日本が1位となっています。

2位はタイ、3位が香港、4位に韓国が入ったそうです。

 

直前に大阪と北海道で大規模災害が発生したことで訪日中国人客の減少が懸念されていましたが、

「日本は観光資源が豊富で目的地の選択肢が多い」、

「災害復旧への対応の早さ」、「日中関係の改善が好影響を与えた」などと

携程旅行網(シートリップ)は理由を分析しています。

 

毎年のことながら、この時期になるともう年末の気分になりますね。

国慶節明けからの輸入→生産、日本の年末商戦に近いと言えます。

それからすぐ、中国においての、1年の中で最大の連休「春節」に入りますので、

この時期は仕入れが全くできないため注意が必要です。

 

2019年の春節旧暦元日は2月5日です。大晦日2月4日から10日まで7連休になりますが、

中国全土の人々が、仕事をストップして里帰りをしちゃいますので、

一般的な中国人は、国が決めた春節よりはるかに長い春節休みを取りますので、ご注意ください。

 

「何を当たり前の事を言ってるんだ」と言われるかもしれませんが、

対処方法としては「連休前に発注する」という事です!

「春節」は運送会社、工場など、中国全体が休みになるため

実質は3週間ほどストップするのです。しっかりと逆算することが重要ですね。

「最悪、正月前に間に合わない!」なんて言われないように、

バッチリ中国輸入・仕入計画を立てて、ガッチリ売上を伸ばしましょう!

 

A.W

中国メンバーの日本旅行

9月21日~24日4日間 SZメンバー14名が社員旅行で大阪に来ておりました。

台風の影響で、直前まで飛行機が飛ぶのか確定せずに、本当に行けるのかの

不安が直前まで継続した為か、 いざ飛ぶことになり、実際に日本に着くと、

その反動かSZメンバーのテンションは常にMAXという状態で各地を回りました。

 

観光コースは USJ→粉もん(お好み焼き)→温泉旅館→京都観光→大阪オフイス見学

→和食会席による食事会 →ビンゴ大会→お買いものツアーと、充実した内容でした。

 

2018928103745.jpg

2018928103824.jpg

 

出張で度々日本に来ているメンバーもいるので、旅行会社などを使わず、

個別で予約して 観光したので、時間変更や調整もその場の状況によって

変更できたので時間を効率良く 使えており、お買い物も充分に時間が

取れたのではないかと思います。

 

当たり前の事ではありますが、SZメンバーの情報取集力はすごいと感じました。

何が凄いかというと、SNSなどネットで情報を事前に集めて、

日本のこのデパートの 特定の売り場のサービスが良いなどと、

単に製品の種類や入手先の情報だけでなく、どの売り場の サービスが良いかも

事前に入手しているということ。

 

専用アプリで、化粧品を購入するならこの場所でと調べて、

沢山の書き込みから 少しでも良い条件で購入するのを何種類も見つけて

日本に来ているとのこと。

徹底した事前準備です。

 

台風の影響で9月中までは、訪日客の激減により、

各観光地では▲60%~70%の落ち込みと 今後が不安視されていましたが、

今回SZメンバーが来日した、三連休は、台風の影響がでる前を

さらに上回るV字回復したと、今朝(26日)のメデイアで取り上げられており、

このまま 10月長期休暇に突入すれば、激減分を一気に取りかえし

さらに上回る勢いと予測されております。

 

営業に置いても、10月からの下期に向けて、今回のSZメンバーの大阪旅行の勢いそのまま、

上期以上の勢いを見せていきたいと考えております。

 

Y.K

『当たり前』について

先日、友人が2泊3日でハノイに遊びにきたので夕食だけアテンドしました。

 

現地で会うまで知らなかったのですが海外は初めてだったみたいで

事前にやけに色々聞いてくるなぁ~とは思っていましたが

実際に会うと簡単な英語もできないので 日中にツアーに行ってもらって

なかったらと思うとゾッとするほどでした。

 

お金の感覚やタクシーの乗り方、方向感覚などに戸惑うことは 海外になれている人でも

あることなので予想の範囲内ではありますが

「氷は大丈夫なのか」

「日本と通話して料金大丈夫なのか」

「パスポートは持ち歩いた方が良いのか」 などなど、

全く考えたことのない質問の嵐で面食らうのと少しの苛立ちも・・・

 

無事に楽しんで帰ってくれたので良かったですが

何か心に引っかかるものがありました。

日本で会う時はまったくストレスを感じない間柄なのですが

珍しく今回は物凄く気を遣ってしまい

2日目以降は会うことも億劫だったからです。

 

成田離婚はありえるな、と妙に納得した次第です。

 

私の人間性の至らなさからか、どうやら 自分にとって当たり前のことだと思っていて

相手がそれを分かっていないとストレスを感じており

「それくらい分かってよ」という思いを抱くべきでない

相手にまでそれを求めてしまっていました。

 

自分自身に嫌悪感を感じると同時に 業務においてもそういう態度を

取ってしまっているのではないか、

または 相手から「それくらい分かれよ」と思われてると考えると怖くなりました。

 

お客様にとっての「当たり前」、

工場にとっての「当たり前」、

NTWにとっての「当たり前」、

それぞれの「当たり前」があってお取り引きが成り立っています。

互いに思いを巡らせ重なり合うところを探しています。

 

1つの「当たり前」に固執しすぎると 失わなくても良いものまで失ってしまい、

私は危うく友人まで失ってしまうところでした。

学びを得ることができて一転、心も晴れやかになりました。

 

見上げたハノイの空は、いつも通りドンヨリしていましたが笑

 

I.I

ページ上部へ