ホーム>NTW Inc.社長ブログ

NTW Inc.社長ブログ

通りがかりの偶然に意味を感じる

パークハイアット東京で私が所属している経営者の会の会合がありました。

 

午後5時半からという事で外はまだ明るく、偶然にもうだるような暑さでもなかったので新宿南口改札を出て、甲州街道をゆっくりと歩き出しました。

 

全く意識していなかったのですが、信号待ちをしている時に、ふっと、「15年前に起業してから半年間くらい、毎日歩いていた道」であることを思い出しました。

 

起業当初は1坪にも満たない安いSOHOのオフィス物件を探していて、たどり着いたのが西参道の交差点近くの雑居ビルでした。

単に起業した場所の近くだったことだけのことでその会合にもご縁を感じ、また会合で会った友人との多くの語らいで、行きに歩いた道のことも相まって、起業当初の思いが、決してふつふつと湧き上がる風でもなく、ただ整然と、「王道の経営」をしていかなければならないと背筋が伸びた思いでした。

 

201783162919.jpg

 

海外への展開が増えてくると色々な方々に出会います。

 

本当にご縁を頂きビジネスに繋がることもありますし、利己的な方々にお会いしてどう対処して良いのか迷うこともあります。

 

多様性と言う言葉に乗じて何でも許される感覚でいる方々も多く見受けられますが、やはり「王道の経営」を全うし、経営者として「不動心」迷い続けない心を持って経営していくことを改めて自分に向けて発信出来た1日になりました。

 

週末の朝に・・・

それをする理由が特にあるわけでもなく、定期的にするわけでもなく、ただ気が向いたらキッチンに立つ。

 

週末の部活の朝のお弁当作り…がそれである。

23年前からだったか、始めたきっかけも時期も特に覚えていない。

何と言っても、適当に作っているだけなのだから。

 

焼肉、唐揚げ、ソーセージ…思いつく美味しいお弁当のおかずは茶色くなりがち。

 

好きでやっているわけでもなく、趣味でも無い…

そんな理由でブログにアップするほどの事でも無いかとも思ったが、今回は白を基調にオレンジ、グリーン、ピンクなど多彩な様相となり、思わず写真に収めてし

しまった。

 

たまにはサンドウィッチを作ったりもする。

適当に作るのがいい。

 

201772516448.JPG

 

201772516530.JPG

久しぶりのブレイクアウト!

セルが2回、3回...

冬の日のバッテリーが上がっていたのを思い出すmotorsports

 

4回目で重低音のエンジンが掛かった。

 

2017716231913.JPGさてと、どこへ繰り出すか・・・久しぶりだしなぁ・・・

江の島か、三浦半島か!思い切って湯河原くらいまで。。。。

久しぶりだったので先ずは下道で行くことに。

1時間くらい走ると給油ランプ点灯・・・

高速に乗っていなくて良かったことを思いながらガソリンスタンドを探す。

日曜日の朝はどこも開いていない。

20-30分探した後にやっと見つけて、

バイトのお兄さんへ「満タンに!」

バイトのお兄さん「遠出ですか? いいですねぇ~」

思わず「ですね」と。

と言ってはみたものの、暑いし、別に目的地があるわけでもないし、バッテリーに充電するくらいは走ったし・・・と満タン後に帰途へ。

 

週末はやっぱり気ままなのが良い!

ニーバーの祈り

先週、何かの雑誌でニーバーの祈りの記事を読みました。

訳者により単語は違いますが、大凡の意味は同じではないかと思います。

 

(下記はネットで検索した訳文ですので、残念ながら私が目にした雑誌のものとは若干単語が違っていますが)

 

まさに、今私自身が企業経営の中で考えている事、ズバリ!です。

 

ただ・・・経営者は、神から与えられるまで待ってはいられません。

日々の精進の中で、自らで意思決定を行い、実行する必要があります。

 

そんな当たり前の事が求められているのだと思います。

 

神よ、

変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

 

 

交通インフラの発展~行動の絶対量に比例する会社の成長

旧正月休暇前に田舎へ帰ると言う深圳メンバーと移動手段についての話しになりました。

 

弊社が創業した2002年当初は、深圳からバスに乗ること丸3日・・・なんて言う工員は当たり前でした。どちらかと言うとバスで3日間は近い方だったのかもしれません。

 

行きに3日、帰りに3日なので、この時ばかりは年に1回の長期休暇と言うことで2週間ほど休みを取って帰省すると言うのが良くある光景でした。

その逆で工場の都合で勤務する場合は3倍以上の給与を得られるのが普通でした。

 

当時は労働節、国慶節、中秋節などは1日か2日しか休んでいなかったんですね。

 

 

さて、その深圳メンバー、昔は350元でチケットを買い、バスで14時間だったところが、現在は同じ350元で電車に乗ること3時間・・・

 

ただその電車のチケットが相当手に入らないらしく、入手出来なかった人は同じように14時間バスに揺られて帰省するそうです。

 

 

とは言え、移動手段としてバスしかなかったところに、電車が出来て1/4以下の3時間で移動先へと到着出来る・・・

 

 

中国人の行動の絶対量が増えるわけですね・・・

しかもこの人口ですから、想像を遥かに超えた移動があるのかと。

 

人口移動を何か数値化出来ないものですかね?

 

旧正月休暇で中国人は650万人が海外へ・・・とニュースで観ました。

その650万*移動距離*移動手段*滞在日数*係数・・・とか(笑)

 

私の好きな「行動の絶対量」と言う言葉が出てきたので・・・

確か孫正義が、会社の成長は経営者の移動した距離に比例する・・・そんな意味合いの発言をしていたように記憶しています。(もし違っていたらスミマセン)

 

確たる私も、旧正月明け初日の朝礼を深圳で参加するべく、羽田0055発~香港0500着で移動し、空港でシャワーを浴びて深圳湾を通り、弊社深圳オフィスのある沙井に・・・

 

旧正月明け初日を深圳で迎えて、「日新たに、日々に新たなり、又日新たなり・・・」

 

安田 拝

 

 

創業記念日~後編~

~創業記念日~(後編)

 

あっという間に4か月が過ぎました。

早いですね・・・。

 

創業記念日のブログだし、何か気の利いたことでも書かないと・・・なんて思っている間に前編をアップしてから既に4か月が過ぎ、旧正月休暇明け初日、やる気になってオーバーナイト便で香港経由で深圳入りしています。

今日は201726日(月)

 

 

さすがに旧正月休暇明けの初日は、まぁ色々やること満載です。

 

さて、前編があり、後編がない・・・と言うのはいつまでも閉まりがないので、簡単にアップしたいと思います。

 

 

14周年を迎えた2016930日。

創業記念日は、東京駅のシャングリラホテルで催した創業10周年記念パーティを思い出します。

お客様にもご参加頂き80名ほどの人数の宴となりました。

本来であれば創業当初の2メートル四方の初台駅近くのSOHOのオフィスを思い出すものなのかもしれませんが、何も考えずに過ごしていたのか、余り思い出すことはありません(笑)

 

もしかしたら、10周年パーティが輝かしく思えて、それ以降に自分が納得することが少ない、もしかして何一つ無かったのかも・・・、そんな状況でブログの後編を書けなかったのかもしれません・・・

 

 

改めて思い出してみると、10周年になる前後から、何か飛躍的な成長を遂げないといけない・・・と言う、今思えばただ思いが強かっただけで、それ以外は何も持ち合わせていなかった・・・と自省の念が沸いてきます。

 

  別会社を設立し新しい業態へ参入・・・

  中国系Top5に入るプリント基板メーカーと合弁で日本に販売会社設立・・・

  新卒採用も毎年行って・・・

 

 

もちろん、その間にも新規で認定を頂くお客様にも巡り合い、弊社からプリント基板を購入して頂いていますので「現場商社」としての歩みを止めていたわけではありません。

 

 

 

創業記念日から早4か月。

 

既に14周年の創業記念日の事は何ら頭にはなく、来期15周年に向けた熱い、熱い思いでいっぱいになっています(笑)

 

 

  行動の絶対量を増やす

  コミュニケーションの質の前に頻度と量を求める

  ちょい足しサービスの徹底

 

  NTWは地域を取りに行く・・・

 

 

「現場商社」の社長として、常にお客様と接する現場、仕入先の製造現場を歩きながら、会社の方向性を考え、決めていく中で、さらにその先が見えてくるのではないかと思うのでした。

 

 

安田 拝

 

 

「現場商社」の現場力・・・久しぶりに生産工程で外観検査をやってみる!

テト休暇、旧正月前にホーチミン・ハノイ・香港・深圳の出張中です。

写真は弊社提携工場内の外観目視検査工程での1枚です。

久しぶりに検査工程に入りました。

もちろん冷やかしではなく、検査員を信用していないからでもなく、「現場商社」の現場力向上の為です。

中国の人件費の高騰で通常はAVIと呼ばれるAuto Visual Inspection Machineで外観検査をするのですが、3umのメッキを施した基板など少し擦っただけでキズに見えてしまう基板などは、やはり検査員の目視による良否判定の検査が必要になります。

 

検査工程に限らず、工場の工程で作業に入ってみると、工場のレベルも把握でき、工程表には載らない工程での流れにも気づき、また検査においては良否判定基準なども現場で確認することで、お客様との間でのすり合わせに役立ちます。

往々に限度見本などの取り交わしと現場レベルが合っていないことがありますので、定期的には現場で確認することは商社としての現場力の向上にも役立ちます。

何よりも工場の工員の人たちとの関係構築にも役立ち、また工場の空気感でその工場の現状を肌感覚で感じることが出来ます。

なんと言ってもNTWの五感を磨くことにも役立ちます⤴ 

 

昨年の人間ドックでの視力検査は2.0ありましたが(笑)、横の工員の女性に教えてもらいながら1時間ほど検査をやりました。

何とか老眼鏡を掛けることなく生活している私ですが、基板の表面に焦点を合わせるのに一苦労の私の姿をみて、工場の担当窓口の女性から「旧正月明けにランチでもご馳走するわっ」とのこと(笑)

「現場商社」の検査力・・・ではなく、「現場力」のさらなる向上に向けて、提携工場と一体となり相互発展を実現するために頑張ることを誓った時間でした。

NTWの五感

2013112095514.jpg意思決定のスピード感

2013112095514.jpg専門性の追求と現場からの臨場感

2013112095514.jpg一体感

2013112095514.jpg親近感

2013112095514.jpg多言語による現場商社ならではの絶妙な語感

2017117155346.JPG

2017年 「現場商社」NTW Inc.の15周年を迎えます。

明けましておめでとうございます。

新たな年明けは、旧年の様々なことを思い起こさせるだけではなく、それ以上に今後やりたいことが湧き出るタイミングでもあります。

 

創業以来中国とビジネスをしている関係で、業務上はやはり旧正月を境に年末年始をより感じることが多く、また新たな目標や取組みは年度初めの4月に合わせて発信することが多くなってはいます。

 

ただ今年は15周年を迎える年でもあり(また個人的には年男でもあります)、旧年を思い起こすだけではなく、5年前はどうであったか?を考えたりしています。

 

とは言いながら、既に起こった過去よりも、今と未来を考えることにしよう・・・と、そこには弊社の社是がそのまま当てはまります。

 

 

「今に貢献、未来に貢献」

 

 

社是

私自身、社員一同、身の引き締まる思いでこの1年もNTWグループとして、社是と向き合い「現場商社」としてモノとサービスを組み合わせた仕組みの革新に取り組んでいきたいと思います。

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

ほんの一言、「私も・・・」

12月に入り、年末のご挨拶をさせて頂く機会が増えています。
年に一度しか面会する機会が無いと言うお客様は殆どいらっしゃいませんが、
年に二度程度と言うお客様はいらっしゃいます。
 
 
先日数か月ぶりにご連絡をさせて頂いたお客様との会話。
 
安田>済みません、随分とご無沙汰してしまっておりまして。年末でもありますし、
ご挨拶も兼ねて、また久しぶりに情報交換も兼ねましてお伺いさせて頂きたいのですが・・・
 
お客様>いいですよ、いつにしましょうか?
私もそろそろ安田さんに会いたいと思っていたところなんですよ。
 
 
一見普通のやり取りですが、本当にそう思っていたから出た言葉なのか否かはどちらでも良い話しで、
「私も・・・」と会話をしている相手に快く同調し、立場を超えた関係がその一瞬で作り上げられる
お互いの空気・・・仕事をしている幸せを感じる時でもあります。
 
 
 
感謝。
 
 
安田 拝
 

創業記念日(前編)

9月30日、現場商社NTW Inc.の創業記念日です。
2016年4月から15期目を直走っております。
 
東京、大阪、香港、深セン、ハノイの各拠点毎に、“拠点のパフォーマンスの最大化“を目標にした15期目です。
 
創業記念日当日に先駆けて9月28日に深センで食事会を開きました。
 
中々みんなで食事をする機会が持てなかったここ最近。
創業記念で食事をしようと企画してくれた焼肉パーティ。
 
2016930163151.jpg 2016930163257.jpg
 
みんなの笑顔が何だか嬉しくて・・・
創業当初は自分ひとりで仕入先工場の仲間と白酒に付き合っていたことも思い出し、いつの間にか眞露の一気飲みをすることに(笑)
 
ドライバーの劉さんはもう10年近く、
産休後に戻ってきてくれた2名も今も笑顔で仕事をしてくれています。
2016930163216.jpg 201693016340.jpg
 
 
“拠点のパフォーマンスの最大化“を掲げた結果、深センチームのNTWの五感の一つである「一体感」は抜群に良くなりました。
気付けば・・・30杯近くは飲んでしまったかな・・・
201693016352.jpg
 
 
9月30日当日は東京、大阪メンバーとの食事会。
きっと、みんなの顔を見ながら嬉しくって一人勝手に飲み過ぎちゃうのだろうなぁ・・・
 
 
後編へ続く・・・
 
ページ上部へ