最近、久しぶりにタイトルのように感じた出来事がありました。

初めて新規顧客の営業に行った とか
初めて一人で運転した などなどで…はなく、

それは、『旅行中の外国人ご夫婦に電車で話かけたこと』でした。

説明させて頂きますと…
ある平日の夜、電車で吊革につかまって揺られていたら
その外国人ご夫婦が乗ってきて、私の隣に並んできました。

数駅過ぎた停車駅で、ちょうど私の真後の席が
一人分空いたのですが、奥様の反応が早く、先に座られてしまいました。
「座りたかった…」と思いながら、
次の駅で目の前の座席が空きました。
何と二人分です。

やっと座れることになったのですが、二人分ということなので
必然的に旦那様が私の隣になるわけなんですね。
そして、そんな旦那様は
さっき私が座り損ねたのを察してか
「どうぞ」というジェスチャーで、先に座らせて下さいました。(感動)

私と旦那様、と向い合う奥様。
少しの気まずさと、ご夫婦の行先の検討がつき
まだまだ時間がかかるため
旅行中だし、お隣同士になってもらった方が良いだろうな、と
いろいろ考えること数分…。

結果、交換することにしたのですが
静かな電車の中+いきなり隣の人に話掛ける+英語!!というシチュエーションに
緊張してしまい、タイミングをうかがうこと数分…。

しかしここで言わなければ、きっとずっと(私だけが)気まずいので
いざ話しかけたら、すごくあっさり交換成功しました。

周りの人の視線を気にせず
恥ずかしさや緊張を振り切って
行動に出た自分、ナイストライ!と思えました。

小さいことでもトライしていくと
トライすることに対するハードルが下がって
行動力が増すものだろうな、と感じました。

いつの日か電車の座席に落ちていた
携帯も届けてあげればよかったな…。