ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>中国輸入で気をつけたい、国慶節・春節大型連休
NTW Inc.スタッフブログ

中国輸入で気をつけたい、国慶節・春節大型連休

中国の祝祭日と言えば「国慶節」と「春節(旧正月)」が特に有名です。

毎年、中国人の誰もが楽しみにして心待ちにしている大型連休でもあります。

つい最近中国では10月の頭は国慶節で、1週間のお休みでした。

ということで、今回は国慶節についてお話しようと思います。

 

国慶節とは、毎年10月1日に祝われる新中国成立の建国記念日です。

1949年10月1日に毛沢東を主席として北京を首都に定め、

天安門広場で新中国の誕生を宣言されて建国式典が行われたことに由来します。

 

中国語で「慶(簡体字:庆)」は祝う、祝賀すると言う意味で、

国慶あるいは国慶節で国を祝う日、建国記念日という単語になります。

国慶節はまた「十一(シーイー)、黄金周(ゴールデンウイーク)」にも呼ばれています。

 

国慶節は春節(旧正月)との過ごし方は少し違います。

春節は実家に帰省する傾向が強いため、「秋のゴールデンウイーク」と呼ばれる国慶節期間に

旅行に出かける人がかなり多いとされています。

ちなみに、最近SNSのWeChatに友達の風景写真や自撮り写真が一気に増えています。

近年では、この休暇を利用してたくさんの中国人観光客が

海外旅行に出かけることがニュースになります。

中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)によると、

大型連休中の中国本土以外の人気旅行先では、日本が1位となっています。

2位はタイ、3位が香港、4位に韓国が入ったそうです。

 

直前に大阪と北海道で大規模災害が発生したことで訪日中国人客の減少が懸念されていましたが、

「日本は観光資源が豊富で目的地の選択肢が多い」、

「災害復旧への対応の早さ」、「日中関係の改善が好影響を与えた」などと

携程旅行網(シートリップ)は理由を分析しています。

 

毎年のことながら、この時期になるともう年末の気分になりますね。

国慶節明けからの輸入→生産、日本の年末商戦に近いと言えます。

それからすぐ、中国においての、1年の中で最大の連休「春節」に入りますので、

この時期は仕入れが全くできないため注意が必要です。

 

2019年の春節旧暦元日は2月5日です。大晦日2月4日から10日まで7連休になりますが、

中国全土の人々が、仕事をストップして里帰りをしちゃいますので、

一般的な中国人は、国が決めた春節よりはるかに長い春節休みを取りますので、ご注意ください。

 

「何を当たり前の事を言ってるんだ」と言われるかもしれませんが、

対処方法としては「連休前に発注する」という事です!

「春節」は運送会社、工場など、中国全体が休みになるため

実質は3週間ほどストップするのです。しっかりと逆算することが重要ですね。

「最悪、正月前に間に合わない!」なんて言われないように、

バッチリ中国輸入・仕入計画を立てて、ガッチリ売上を伸ばしましょう!

 

A.W

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ntw-web.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/334

ページ上部へ