ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>旬な果物に注意!
NTW Inc.スタッフブログ

旬な果物に注意!

工場へ常駐し、現場に行くことが増え、提携メーカーのメンバーとの会話の量が増えてきています。

多くの案件をお願いする中で、優先順位をつけ、最優先案件はどのように伝えれば最短で回答を貰えるか、

急ぎの案件は緊急度を伝えるために、どのように臨場感を表現するか、などを考え、

様々な方法でチャレンジしています。

 

最近では、工場のメンバーとの距離も近づいて、 先日の西日本の大雨がニュースとなった際、

「実家は大丈夫ですか?」と We chatで心配のメッセージを送ってくれます。

 

深センは果物が豊富で、街路樹としてマンゴーの樹が植えてあります(実が落ちる時に大音量なので当たると危険です)

今はライチが旬の季節で、先日、サプライヤーである提携メーカーから箱いっぱいの枝付きライチを頂きました。

実も大きく、熟しており、新鮮です。

201879112119.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本ではこんな量食べることは無い・・・と贅沢な気分で何個も食べ続けていましたが

弊社の深センメンバーから、食べ過ぎると「上火(Shang Huo)」になりますよ!と注意されました。

上火(Shang Huo)とは、日中辞書「北辞郎」では、

<東洋医学でのぼせる(便秘や鼻腔口腔の炎症を指す)>と記載されています。

しかし、その意味が自分の中でしっくりと来ず、日本語で一言で表すのが難しい言葉なのではないかと感じました。

辛い物を食べすぎる時も「上火」になると言われます。

その症状は、漢字を見る限り、身体が熱くなるのか?大量の鼻血が出るのか? 身体に炎症が出来るのか?

なんとなくイメージはできるけれども、目の前に沢山のライチがあるので実際に体感してみようと

一気に数十個、食べてみました。

すると、翌朝、発熱したかのような熱さと倦怠感で体が重くなり、 ベッドから起き上がるのに必死になりました。

これが上火なのか・・・? ざっくり言うと体調不良という意味でしょうか。

「上火」にならないよう、一緒に「下火(Xia Huo)」になる(体を冷やす)食べ物を摂取すると良いようです。

漢字だけ見ていると反対の言葉なのでシンプルに見えますが、日本語で説明すると2文字では表現できません。

どのような食べ物が「上火」になるのか、「下火」になる食べ物は何かを調べて 食べ過ぎに気を付けたいです。

 

日常生活の中でも多くの言語に触れて語彙力を増やし、

現地の人々や一緒に仕事をするメンバーとの 会話のネタを増やしていき、

さらに親近感を持って貰えるように日々、学習していきます。

R.F

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ntw-web.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/321

ページ上部へ