ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>便利な生活から考えること
NTW Inc.スタッフブログ

便利な生活から考えること

深センに赴任して5か月、未だに、中国の生活に慣れましたか?と聞かれることがある。

振り返れば、この便利な生活に慣れた。

 

例えば、自炊したくない時は、アプリで出前を注文する。

公共交通機関での移動が不便な時、アプリでタクシーを呼ぶ。

ちょっとした移動はアプリを使って好きな時に好きな所でシェアサイクルを利用する。など。

 

最近の会話では、深センのメンバーに、おすすめのお店を聞いたら、

「淘宝(タオバオ)ですね!」と通販をお勧めされた。これは予想外の回答でした。

 

これらのサービスでは、全て現金を使わずにWe chatやAlipay等のアプリで電子決済をする。

 

支払では、時間も短縮でき、現金を出さず、細かいおつりを貰うことも無い。

しかも、セルフレジも増えているので、店員の人数も減少している。

 

出前に関しては、美团外卖というアプリを使うと、出前が自宅に到着するまでの進捗を逐一通知してくれる。

 

スマホのアプリを使えば、誰かと会話しなくても買い物ができ、

時間や手間、ムダが省けたようにも思う。

しかし、その中に直接関わる人間の登場回数が減ってしまっており、

本来なされていた会話すら存在せず、寂しさも感じる。

 

人間の登場回数が減ってしまっているが、何か問題が発生した時に解決するのはやはり人間同士で、

人間対人間のコミュニケーションは不可欠だと考える。そこから生まれる感情も、対人間の方が豊富だと思う。

 

コミュニケーションには様々なツールはあるが、

社内、拠点間、社外との会話の量と頻度を増やせるように

自分から積極的に発信できるよう心掛けたい。

 

R.F

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ntw-web.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/300

ページ上部へ