ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>2017年11月

2017年11月

今しか出来ない事をやり尽くす

7月に中国深センから大阪に転勤となり、4ヶ月経ちました。

まだまだ新しいことばかりなので、毎日新鮮な気持ちで生活と仕事を楽しんています。

新しい場所に出かけたり、新しいものを食べたり、

今までに経験のないことにチャレンジできていることはすごくありがたいです。

 

でも、来日してすぐの頃にはショックだった。

自分はある程度の日本語を知っているから、なんとかなるだろうと思いながら、

ビザ申請の間に何にも準備せず待っていた自分がいましたが、日本で厳しい現実に突きつけました。

 

一番ショックだったのは日本語で全然コミュニケーションを出来ないこと。

相手の言っていることが分からなかったり、言いたいことが伝えられなくて

、単語を並べるだけの会話しか出来ませんでした。

今でも不完全な日本語ではありましたが、少しでも進歩を感じることができました。

 

また、私が一番強く感じたのは、人の優しさと友達の大切さです。

最初は、友達がいなくて寂しいのせいか、ホームシックになってしました。

中国で一緒に仕事をしていたスタッフや友達は、よくテレビ電話、チャットで励ましてくれました。

普段の生活の中で、自分がどれだけの優しさに囲まれているのか

日本に来て気づかれたことがたくさんあります。

日本のスタッフも優しくて、いろいろ教えてくれたり、一緒に美味しいものたくさん食べました。

 

皆さんの優しさのおかげで、異国で住む意識がだんだん薄れています。

そういう気持ちによって、自然に積極性が出ってきます。

中国ではそんなに積極的ではない私が積極的になれたのは、やっぱり変化だと思います。

初めてお客様と会う時、私は緊張や不安より、わくわくした気持ちの方が強く、

それで積極的に行動できたと思います。

 

今しか出来ない体験、しなければいけないこと、

やりたいことがまだまだたくさんあるので、いっぱい思い出を作っていきたいです。

 

A.W

 

年末に向けて

9月30日の、創立15周年記念でフイリピンに、全社員が集合してから、すでに約2か月が経過して、

街中は、クリスマス装飾や大阪ではオフイス横の市役所の年末イルミネーションがスタートしたりと、

年末気分が感じられます。

20171120104442.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期に成ると1年の締めくくりや、来年に向けての準備がいろいろと必要になり、

心も身体も忙しくなるのですが、 今年はなぜか1年の締めくくりと言うより、

過去数年間の締めくくりを行いたい気持ちとなりました。

 

将来に向けては、これから3年後5年後などの目標や方針などを考える機会が多かったのですが、

過去の振り返りを、1年以上さかのぼるのは、無かったと想いながら、

 

3年前からの自分

5年前からの自分

9年前からの自分  を考えてみました。

 

その時から現在までの、気持ちを個々折れ線グラフにしながら(どこかのテレビ番組であったような)

振り返ると これが結構よくて、さすがにブログで内容までは書けないですが、

振り返る年数(ここでは3年.5年.9年)により 色々な思いが出てきます。

特にこの振り返りから、来年の目標を立てる時は、

それぞれの振り返り年数により 目標をどこに合わせるかなど検討でき

普段よりさらに深い検討ができます。

 

単に振り返りと目標を考えるのではなく、ひとつの区切りをどこで検討するかの違いで沢山の事が

考えられる良い手段となりました。 一度皆様もお試しください。

 

目先の事だけでなく将来も見据えての考えも大切にしながら、

振り返りも直近だけでなく、遠い過去からの振り返りを大切にして、

年末に向かいたいと考えます。

 

Y.K

マクドナルドと国産車、その先へ・・・

ここ最近のハノイでの話題といえば ついにマクドナルド1号店ができることだ。

ジャンクフード好きの私としては大変喜ばしく、 (毎晩、食べていたことがあり中国の総経理に呆れられたことも笑)

日本に帰って食べたいもの候補が減ることも助かる。

(ちなみに、その他は牛丼、コンビニの海苔パリパリのおにぎり、立ち食いソバなどが候補としてあがる)

 

私が住むバクニンにも3か月ほど前にロッテリアはできたのだが 注文してから出てくるまで15分はかかる。

かつ、店員の動きに無駄が多い。

それに比べ、前回の日本出張で赤羽で立ち寄ったマクドナルドは 注文してから15秒ででてきた。

是非、ハノイでもこの15秒がもたらせることを切に願う。

 

場所はハノイに戻るが 建設中のマクドナルドをみながら、ベトナムに住んで30年になる知人が

アメリカと国交が結ばれてからコーラがベトナムに入ってきたときのことをしみじみと思い出していた。

 

まだまだベトナムにきて日の浅い私からすれば気付きもしない感覚で 当時を生きた人であれば尚更、

今の光景は想像もできなかったであろうと慮った。

 

ハンバーガーから少し逸れるが ベトナムでは2025年までに年間50万台の国産車を製造するという

初の試みも行われており大いに話題をよんでいる。

 

日経デジタル9月5日コラム参照

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDX04H1I_U7A900C1FFE000/

 

今のところ乗りたいとは思わないが笑

それも何年、何十年かすると、「やっぱりベトナム製だよね」と豪語する私がいるかもしれない。

シンクタンクやアナリストでもないので未来を予測することにたけている訳でもなく

これだけ変化の激しい「マウス・イヤー」に何かを準備するのも至難の業であるように思う。

 

ただ、ふとしたきっかけで取扱いはじめたプラスチックパレットで

こんなにも引き合いを頂けている今を考えると 全てが後追いではいけないとも感じ、

新しいことを恐れずに取り組みたいと思った。

 

マクドナルド、国産車、その先に、、、マウスにちなんでディズニーランド?

とはいかずサンリオピューロランドが先にできるみたいだが

今後も変化のなかでお客様のニーズにお応えできるように取り組みたい。

 

I.I

ページ上部へ