ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>先の見通しを立てる
NTW Inc.スタッフブログ

先の見通しを立てる

日常、イライラすることはよくある。

何事も原因が分かっていれば、対応のしようがある。

…が、どうにもこのイライラは原因が分からない…というより、原因が複数ありすぎて

“原因が複数あることにイライラする”…もうどうしようもない…。

 

そうなると、発散するしかない。

発散する=八つ当たり

私の八つ当たりの相手は身近な人、夫になる。

いい迷惑だろうが、私のイライラの原因の半分は彼自身なので

仕方ない。

こうゆう図式は夫婦仲がうまくいかない原因らしいが、

言いたいこと=本音を話せない人と、一緒には暮らせないというのが

我が家の夫婦のベースなので、

逆に私の八つ当たりが、全くないと気味が悪いらしい…。

 

と我が家の内情をさらすのが本題ではなく、

私のイライラの原因を複数あるからと、放置…はよくないので

自分なりに、原因の分析をしてみた。

 

私の場合、「先の見通しが立っていないままの状態があること」が原因のようだ。

それは公私どちらにもあてはまる。

 

例えばプライベートの主婦業の場合。

帰宅後、買い物、洗濯物、子どもの迎え、食事の支度、お風呂、寝かしつけ…

子どもが幼いうちは、母親はノンストップでこれらをこなさなくてはならない。

自分のことなんて、後回し。むしろ自分のことを出来ないことの方が多い。

 

だから、少しでも先の見通しを立てておきたい。

その場でその時になったら、考えればいい、やればいい、は

通用しないからだ。

仕事から帰宅後、散らかっている部屋に外から帰ってくる家族を迎え入れたくないので

朝、出勤する前の5分で掃除機をかける。

明朝、起きたときに台所が片付いていないと、朝余計な時間をとられてしまので

夜、眠くても片づけてから寝る。

 

些細なことだが、

仕事も同じ。

 

先の見通しを立て、少し先に行動し、手を打っておけば

その時の自分が楽になり、やりやすくなる。

時短で残業という概念を持てない、今の自分ならなおさらだ。

 

もちろん、臨機応変な対応を求められるときはあるし、

突然を避けることは、できないのが日常でもある。

 

しかし、先を考えるのをやめ、その場しのぎを当たり前にすると

その場でしのげない問題となって、必ず自分自身に返ってくる。

 

だから、今日も小さなことでも先の見通しを立て、

小さなアクションを起こしておこうと思う。

 

自分がやりやすく、周囲とも円滑なやり取りをするために。

イライラを少しでもなくすために。

 

それでも100%イライラがなくならない時は多々あるので、

そのときは、夫よ…

頑張ってくれ!!というしかない。

その分、彼の長所も短所も

引き受けているのだから、お互い様…だ!

 

M.Y

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ntw-web.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/275

ページ上部へ