ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>誕生日に思うこと
NTW Inc.スタッフブログ

誕生日に思うこと

いきなり私事ですが、先日21日は私自身の誕生日でした。

もちろん「おめでとう!」と言われれば嬉しいですが、

年齢のせいか、家庭を持っているせいか、

「自分が主役!」ということに 重きをおかなくなったのも事実です。

 

今年21日の当日を迎えて、改めて思うことがありました。

それは自分の誕生日1月21日周辺の世の中の出来事についてです。

今年は世界中が注目するアメリカ大統領の就任式がありました。

今年に限らず、就任式はいつも1月21日で、8年前もその前の就任式も

自分の誕生日の当日のトップニュースでした。

 

また1年でいちばん寒いとされる「大寒」も1月21日前後です(今年は20日でした)。

 

そして、「大学入試センター試験」の試験日も誕生日と重なることが多いです。

東京で大雪になるのも、大学入試センター試験や誕生日前後が統計として多いです。

 

それらに共通していると思うことがあります。

それはすべて「次へのステップ」のための「準備」だと。

 

アメリカ大統領の就任は世界の経済の道筋に大きな影響を与えます。

そこには未来への希望や期待、今回のような失望や抵抗感もあります。

 

大学入試センター試験は、言わずもがな希望大学へ進学するための試験です。

 4月から希望する大学生活をスタートさせ、人生の新たな道を切り開くための 準備です。

 

「大寒」は1年で最も寒い時期をさしますが、寒い時期は早く過ぎてほしいと願いながら、

寒さに耐え、根をはり、土台を築き、暖かい春に花を咲かせるための準備の時期です。

 

このように見てみると、「次のステップ」へ行くためには

しっかりとした「準備」が必要なのだと思わずにはいられません。

歳を重ねると「経験」という武器が身に付きます。

ただその「経験」だけに頼り、 物事の対応の準備をせずにいると、

その場だけを乗り切る「その場しのぎ」になります。

臨機応変とは聞こえがいいようで、あくまで下準備をした上での

急な対応を迫られたときに発揮できるものです。

 

私自身、毎日の生活が準備と実践の繰り返しです。仕事も、子育ても…。

仕事も、子育ても、毎日ルーティーンの繰り返しと思いがちですが、 そうではありません。

確実に時間は過ぎ、状況は変化し、人間は成長するからです。

同じことのようで、その微妙な変化に、自分も対応した準備をする。

すると、自分自身も変化していきます。

 

目に見える形での成果や、誰が見ても分かるような大きな変化はそうそう ありません。

それよりも、先を見ながら着実に準備をし、実践し、対応していく。

これが今の私にはとても大事なことだと思っています。

 

自分が生まれた日もとても寒い日だったと、母に言われました。

しかし、その時期に「次へのステップ」として準備をする出来事が 世の中で起きているという縁は、

見えない所にしっかりと根をはり 寒さに負けずに、

花を咲かせなさいというメッセージのようにも思えて

1月21日という誕生日が悪くないな、と思えるのです。

 

NTWも9月に15周年を迎えます。

15周年を彩れる花を咲かせるために、

しっかりと根をはり、ちょっとやそっとでは崩れない土台を

毎日毎日少しずつ築いていけたらと思います。


 
M.Y

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ntw-web.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/235

ページ上部へ