ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>2016年7月

2016年7月

ポケモン GO!

7月6日にアメリカを始め海外にて先行リリースされて以来、

とてつもない記録を続々と打ち立てている「ポケモン GO」がついに日本上陸、

先週金曜日7月22日配信開始になりましたね。

 

世界中で爆発的な人気を博しているPokemon GO!

日本上陸を待ち望んでいた人も少なくないのでは。

私もその時を楽しみにしていた一人です。

 

配信されたニュースを聞くと、お昼休みに早速ダウンロード。

始めるやいなや会社に何匹ものポケモンが!

カメラを通して、普段私がいる椅子に座っているポケモンを見たら一気に引き込まれ、

帰り道々ポケストップでアイテム集め、

ポケモンに遭遇したら「ポケモンゲットだぜ!」と夢中になっています。

 

ゲームに熱中しすぎてトラブルが起きたり、任天堂など関連企業の株価が大きく動いたり、

一大社会現象になっているポケモンGO。

これほど人気なのは、いくつも理由があると思いますが、

実際にプレイしている私が、なかでも楽しいと思うのが「ポケストップ」の存在です。

 

プレイヤーが持っているポケ・ボール(ポケモンを捕まえるための道具)は無限ではなく、

数に限りがあるので常時集めておく必要があり、「ポケストップ」と呼ばれるチェックポイントで

他のアイテムと共にもらう必要があります(無料で楽しむ場合)。

 

ポケモンGOは、スマホの位置情報トラッキング技術などを活用し、

プレイヤーが自分の今いる現実世界をもとにした世界の中で、スマホの画面上のマップやカメラを通し、

ポケモンを探し出し捕まえるというゲームであり、この「ポケストップ」が現実世界に存在する

特徴的な名所(歴史的建築物、石碑や銅像、モニュメント、神社、郵便局など)に、いくつも配置されています。

 

また、名所だけでなくあまり知られていない穴場スポットにまで設置されており、

アイテム欲しさにポケストップに寄ると、日頃慣れ親しんでいる自宅や職場の近所でさえ

こんな場所があったのか!と発見があります。

 

週末は、今年の2月に挑戦した10㎞マラソン以来めったに履かなくなったマラソンシューズを履き、

自宅周辺でも足を延ばしたことのないエリアに行き、ポケストップを回ってきました。

こんな公園があったのか、こんなモニュメントがあったのか、こんな史跡があったのか、

こんな景色が広がっていたのか、こんな人たちが遊んでいたのか、こんな心地よい風が吹いていたんだ、

見たことない景色と感覚の連続でした。

 

ポケモンGOには外に出て遊べるゲームとしての魅力を高める工夫や演出が山盛りです。

開発者の方の言葉が印象的です。

「皆さんが普段見ているこの世界が いつもより より豊かに 新しくみえたらうれしい」

「外に出て 顔を上げて 周りを見渡し、世界そのものを楽しんでください」

 

たかがゲーム、されどゲーム。

まだダウンロードしていない方はぜひ。

行動の絶対量を広げることに一役買うと思いますよ。

 

K.I

バンコクにて

2016715152934.jpgのサムネイル画像

先日、タイ・バンコクのネプコンを訪問してきました。

会場のBITECは東京でいうビックサイトのようなイベントホールで

建物もきれい、電車の駅からも連絡通路で直接歩いていける便利なところです。

 

ネプコン会場に向かう途中で、

表面処理展、実装技術展、金属加工展なども同時開催しており

なかなかの賑わいぶりに期待値も膨らんでいきます。

 

さて、肝心のネプコン会場に到着すると、

人っ子一人は言い過ぎですが、ほとんど客がいない!

どのブースも閑古鳥が鳴いている状況でした。

 

「え~こんな感じ~?」と出鼻をくじかれながらも出展ブースを見学しました。

 

中国から基板メーカーが6社ほど出展しており

あまりに客がいないためか同業他社の私でも歓迎ムードで話をしてもらえました。

なかには立ち話もなんだからと茶菓子を薦めてくれたところも笑

 

彼らのほとんどが新規がとれないとのコメントで

展示会場の状況も相まって、なかなか苦戦しているなぁという印象でした。

 

一方で、気になったのが

何が原因か?何をすれば良いのか?という問いかけに対して

「なるほど!」というコメントは返ってこなかったことでした。

 

その後、展示会場をあとにし

いくつかのお客様を訪問し課題が少しずつ明らかになるなかで

タイにおける海外メーカーのチャンスがゼロだとは感じませんでした。

 

その思いと展示会でのできごとが何とも逆行しているようで

モヤモヤするなかベトナムでの日頃の営業についても鑑みてみました。

 

大変ありがたいことにベトナムで多くの引き合いを頂く中で

各案件の表面上のことで頭がいっぱいになり、より良い提案、他の選択肢が見えなくなってしまうことがあります。

まだまだ口をあけて待っている姿勢だからなのだろうと反省すると同時に

次のアクションを決める取り組みの重要性を改めて認識しました。

 

モノづくりをできない立場にあるだけに

よりお客様の満足いただけるサービスとは何かを考え抜くことができなければ

ベトナム国内国外を問わず営業とはいえないなと痛感する次第でした。

 

考え抜き、行動した結果、お客様に満足頂き、その対価として報酬を頂く。

どんなシチュエーションでもその原理原則を忘れずに精進していきたいです。

 

I.I

ブンチャー@ベトナム

ベトナム料理といえば生春巻きやフォー。
そう思われる方は多いかもしれません。
出張でベトナムに訪れる前までは、私もそんなイメージを持っていました。

しかしベトナムにはブンチャーという料理があるのです。
ブンチャーは米粉を使った麺を、魚醤をベースとした甘酸っぱいスープと

炭火焼きした豚肉や春巻き、香草などと一緒に食べるベトナム風つけ麺です。

このブンチャーが、フォーよりも断然美味しいのです。

 

2016711155137.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日オバマ大統領が来越した際に、 ローカルのブンチャー専門店に訪れ、 食事をしたことでも有名になりました。

あるウェブサイトでは世界のストリートフードランキング10選に (フォーを押し退けて)

ブンチャーが選ばれていたほどです。

 

更にネットでブンチャーについて検索しましたが、 単なる私の個人的な好き嫌いに関係なく

ブンチャーはフォーに負けず劣らずのベトナムのソウルフードであるようでした。

 

しかし、ここ日本ではなぜかあまり有名ではない。

 

日本は麺好きな国であると言えます。

パスタを除く麺の年間消費量では、日本は世界で第2位です(1位は韓国、ベトナムは5位)。

そんな麺好きな日本で、フォーは受け入れられて、 ブンチャーが有名にならない理由はどこにあるのでしょうか。

 

正直なところ私も理由はわかりませんが、

考えられる点としては、見た目的な問題があるかもしれません。

決して悪い見た目とは言いませんが、フォーと比べると「美味しそう」であったり「食べてみたい」

という印象を持つためのインパクトが足りないように感じます。

また写真からも見てわかる通り、ブンチャーには大量の香草が盛られています。

この香草の入手性の問題も考えられます。

そしてラーメン、つけめん、うどん、そば、焼きそばなど、色々挙げたらきりがないですが

日本には麺料理が溢れています。

麺好きな国とはいえ、すでに広く親しみのある麺料理の中に割って入る難しさもあるのかもしれません。

 

食べログで日本全国のベトナム料理店を検索したところ、516件ヒットしました。

しかし、中華料理で調べると43,187件、韓国料理が8,003件、インド料理が4,131件、

タイ料理が1,786件と 上記の国と比べると、まだまだ日本でベトナム料理が浸透していないことが見て取れます。

 

こうした状況は、逆に伸びしろのあるチャンスであるとも言えます。

(日本でブンチャーを広めよう!という話では勿論ないです)

 

昨年6月にベトナムに進出したNTWですが、

ベトナムでの部品や原材料などの調達は、その多くを輸入に頼っているのが現状です。

これも現地調達化への伸びしろであると言えます。

 

営業として、どこに伸びしろがあるか、どう伸ばせていけるか。

そして、実際に伸ばせていける存在になるために、、、

 

私の場合、まずは常々考える癖から身につけていきたいです。

 

R.F

○○ますように

7月7日といえば、そう、今日は七夕です!

東京オフィスでも願いを短冊に込め、オフィスの植木へ。

20167795856.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な願い事があり、その人の人となりが見えて面白いですね。
皆さまはどんな願い事をされたでしょうか。

第一四半期も終わり、NTWは中国、ベトナム、インド、フィリピン等、
その土地、現場にかかせないスーパーローカルな存在として、
残りの一年、益々活躍の場を広げていけるよう尽力していきます。

最後になりましたが、
皆さまの願いが天高く届きますように。

R.F

本を読む時間

大阪に来てから3カ月が経過し、 少しずつですが、プライベートの用事が増えてきました。

それに伴い、最近仕事以外の時間の使い方をどうするべきか、

どのように配分するべきかを考える機会が増えています。

 

東京で働いた時は殆どこのようなことを考えていませんでした。

つまり起きる⇒仕事⇒プライベート⇒寝る、このスケジュールに問題点を感じていませんでした。

問題点に気づいたのは大阪に来てからです。

友達が居ないから、本を読むことが非常に増えました。

実際、土日一日中本を読んで過ごすこともざらでした。

だからこそ気付いたのが本を読むことの重要性だと思います。

 

最近、仕事が終わったら、まっすぐ家に帰ることが減っています。

色々な経験をする機会が増えていて、とても楽しいです。

が、それと同時に3か月間行えていた、本へ向き合う時間は確実に減っています。

それに焦りを感じ、どの時間で本を読む時間を確保すれば良いのか考えています。

 

本を読む時間を作る為に、今3つ案が有ります。

①夜寝る時間を12時から、1時にする

②仕事を早く終わらせて、私用と仕事の間を長く作る

③朝起きる時間を4時にする

 

①:眠気で本の内容を考えることが出来ない

②:挑戦するが、どうしても日毎に仕事量が異なる

③:きっと出来る

 

仕事量が不定期ならば、朝か夜しかないと考えました。

私は朝とても強いので、朝4時に慣れたいと考えています。

会社に早起き推進カレンダーが有るので、 励みに頑張っていこうと思っています。

 

もし何か別の、本を読む時間確保方法が有るなら、 是非ご教授頂ければと思います!

 

宜しくお願いします!!

R.O

ページ上部へ