ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>2015年10月

2015年10月

一体感

10月13日の日経電子版に米マイクロソフト社がノートパソコンに
参入し来月よりノートパソコン「サーフェイスブック」を
北米で売り出すという記事がありました。

画面が13インチほどで、画像処理等がすぐれた製品の領域では
今、米アップルのノートパソコンが選ばれており、これをしのぐ
製品を目指したそうです。

アップルの製品はハード(パソコン)とソフト(OS)どちらも
アップル1社でのみ作っており、ハードとソフトお互いに
最適化を行っているそうですが、Windowsは様々なメーカーから
ハードが発売されている為、最適化がやりにくいそうです。

私はアップルのノートパソコンを数年前より使っておりますが
使い始めて最も驚いたのはスライドパッドの使いやすさです。
私はWindowsのノートパソコンのスライドパッドを使うのが苦手で
マウスが必須です。マウスを忘れた日に1日スライドパッドで
操作して夜、肩こりで寝られないこともありました。
ところが、アップルのノートパソコンのスライドパッドは
iPhoneやiPadのタッチパネルのような指に吸い付くような
使い心地で、ボタンを押し込まなくともタッチパネルのように
複数の指で様々な操作が行える為、マウスはほとんど使っておりません。
アップルのノートパソコンのスライドパッドはWindowsの
ノートパソコンのスライドパッドに比べると面積がとても大きい
のですが指を使って様々な操作を行えるようにした時に
操作がしやすいような一体感を考えてではないかと思います。

NTWにおいても工場と我が社で今まで築いた信頼関係を活かし
互いに最適化を行い一体感でお客様に貢献できるよう
日々邁進しております。

201510191628.jpg

 

 

 

 

 

 

アップルのノートパソコンのスライドパッドです。

アップルはトラックパッドと名付けております。

 

 

 

 

 

 

 

 

社員旅行in群馬

先日、数年ぶりとなる一泊二日の社員旅行がありました。
東京本社、大阪オフィス、そして中国深センオフィス社員が一堂に会しました。

朝7時に東京の本社前に集合、バスで群馬へと向かいました。

 

最初の行き先は群馬サファリパーク!

普段見られない動物たちに一同大興奮。

20151015113334.JPG

 

お昼はBBQ。
ボリュームたっぷりのお肉。序盤はおいしくいただいたものの、後半は限界への挑戦でした(笑)
残すのは良くないと、若手男性社員が頑張るも、とにかく食が細い(笑)
この量は食べられない、、、そう思った矢先、見かねた女性社員が止めていた箸を動かし手伝ってくれました。
女性社員によるナイスチームプレーに感動を覚えつつ、無事完食。

 

午後は昨年、世界遺産にも登録された富岡製糸場を訪れました。
開国直後の日本は、生糸の輸出拡大を図る一方で、粗製濫造によって国際的評価を落としていたそうです。そこで活躍したのが、フランスの技術を導入した富岡製糸場で、日本の絹産業の発展に大きく貢献しました。
モノづくりに関わる弊社も、日系企業として、海外メーカーの発展に如何に貢献できるか問われるところであります。

20151015152354.JPG

 

夜は13周年記念会と題して宴会をおこないました。
スライドショーと共にNTWの歴史に触れ、一同しみじみする場面も。
まだまだ長い歴史とはいえませんが、この先の10年20年を築き上げるべく、社員一同邁進していきたいです。

20151015152111.JPG

楽しく踊ったり、じゃんけん大会もありました(これが意外と盛り上がった)

20151015114917.JPG20151015114954.JPG

 

二日目は関東一の規模を誇る鍾乳洞、不二洞を訪れました。
よっぽど鍾乳洞や洞窟が好きな人でないかぎり、そういった場所は中々訪れないかと思います。
しかし、社員旅行だからこそ出来る体験があるのです。
鍾乳洞然り、サファリパークや富岡製糸場も参加者のほとんどが初めてだったかと思います。

 

鍾乳洞のあとは、そば打ち体験。
これもなかなか出来ない体験です。
特に深センオフィスから来ている社員は貴重な体験だったかと思います。
いつも食べているそばよりもコシが強く、おいしく頂きました。

 

最後は伊香保温泉街を訪れました。
昔ながらの雰囲気が特徴的で、旅の最後に、疲れを癒す場所としても最適でした。

 

この二日間は仕事から一切離れ、社員一同、旅行を楽しむことができました。
貴重なひと時であったかと思います。
普段の仕事からは見られない一面が垣間見られるのは、社員旅行ならではかもしれません。

 

13周年を迎えた弊社ではありますが、この先の更なる飛躍を願って、最後は飛躍写真で締めくくらせていただきます。

20151015115033.JPG

Mpesa

 

LINE、インスタグラム、ツイッター、Wechat, カカオトーク、など

数え上げればきりがないくらい、色々用途や地域性に応じてSNSも進化してきている。

いまさらSNSの便利さを語る必要はないのですが、

先日参加した有るセミナーで、送金システムで今なお利用が、増加している

Mpesa(エムぺサ)なるものを取り上げていたのを思い出した。

ある国ではGDPの45%にあたる金額がやり取りされている。

 

さらには、送金処理となると、スマホかと思いきや、ガラケーのショートメール利用とのこと。

ここまで聞くと、メールで【この携帯持っている人にいくら渡してください】と打っただけの様に

思えたのですが、実はほぼそれに近いのである。

契約店に行き、届いたショートメールを見せるとお金が渡されるというシンプルなものである。

しかしこのシンプルさが、発展途上の銀行口座を持ち得ない人々の間で、

家族への送金に利用されて爆発的に発展したということ。(現在も増えている)

アップルペイやビットコインなど、現金に代わるものや送金システムがどんどん 開発されてきているが、

Mpesaまでは、どれもまだ届いていないようだ。

確かにセキュリテーや、操作性などは、あきらかに、アップルペイやビットコイン、

最近は Lineペイなども出てきていて、利用しやすそうですが、

周りの充分な環境からまだ使わなくても 済むケースが多いので、どれも便利ではあるが、絶対では無い。

 

それに比べてMpesaは、ほぼ絶対なくては困るもの、代替えも無いという大きな強みがある。

生活の一部に送金があるといっても言い過ぎではない程である。これほど強いものはない。

言葉で言い換えると、 便利な物をさらに便利にする(新しい更なる進化)というところと、

不便な物を便利にする(今までに無かった進化)の差が出ているように思える。

これだけ便利なものが開発されているなかで、

今までに無いものを、開発するのは どのジャンルにおいても、大切なポイントだともいえる。

 

確かに少しのマイナーをチェンジして契約数や便利性などが進歩したものも数多くあるが、

やはり今までにないこと、 無いサービスを 提案するのが、より効果的と考えれる良い例とおもえる。

日々の中では、ほとんどが今の仕事・サービスを維持するもので、その中でどう創造していくか、

新しい仕事を作りだすのも重要な日課でもあるが、

それに加えてさらに大きく今の仕事・サービスをどう変化させるかも 常に考えていかないといけないと思う。

 

仕事・サービスの 内容を変化させるのか?

対象を変化させるのか?

自分が変化するのか? 

 

常にこの様なことを考えながら過ごしていくなかで、今までに無かった進化を最優先としたいと思います。

 

2015101313821.jpg

 

 

 

 

 

長尺、薄型基板

お客様の需要を受けて弊社ホームグランドの深センから華東の昆山へソーシングへ行ってきました。

対象は昆山にあるPICOTEC社ですが、長尺や薄型のユニークなリジット基板を生産しております。

 

http://www.picotec.com.tw

 

今回は蛍光灯の置換えのLED照明を製造しているお客様の長尺基板としてソーシングを致しましたが、 最長1,400mmの製造が可能です。

又、薄型としては0.1mm( 両面)のリジットが可能です。 工場は5Sもしっかりしており、長尺物、薄型への技術の開発にも意欲的です。

 

薄型は軽量化としなりの必要な設計に貢献出来るかと思います。 実際LEDと無線機搭載のアイドルコンサート応援用うちわに採用されております。

又、長尺基板はレーダー用としての実績があります。

 

今後、増々軽量化が必要な電化製品、機構上大型化が求められる製品に必要な技術かと思います。

これらにより設計の自由度が上がれば、新しい需要や製品が生まれるのではと考えます。

改めて基板が産業基盤を支えていると感じた訪問でした。

ページ上部へ