ホーム>NTW Inc.スタッフブログ>2015年3月

2015年3月

グアムから、感動~

先週、姉妹旅行に行きました。
場所は、関西空港から3時間、グアムです。
 
2015330115535.JPG
 
グアムでは、いくつかのマリンスポーツを体験しました。
その中で最も印象的だったのが、体験ダイビングです。
卒業旅行シーズンもピークを迎えたのか、参加人数は私たち2人でした。
ラッキーなことに、マンツーマンで呼吸方法や潜り方を教えていただきました。
 
潜ってみると、素敵な魚が沢山泳いでおり、その絶景には感動してしまいました。
 
スポーツには感動させられる場面があります。
私個人的にはオリンピックや、部活動の大会観戦で
感動して涙を流すこともあります。
 
しかし、新しいスポーツを始める時にも、感動することがあります。
例えば、何かできるようになった時の達成感や、
そのスポーツをやってみなければ見えない景色を見た時です。
 
今年に入ってから、スノーボード、ダイビング等、
新しく始めたスポーツが増えました。
 
暖かくなってきたので、スポーツをするのに良い季節になりました。
また新しいスポーツを始め、小さな感動を集めていきます。
 

OK!ナイス トライ!

最近、久しぶりにタイトルのように感じた出来事がありました。
 
初めて新規顧客の営業に行った とか
初めて一人で運転した などなどで…はなく、
 
それは、『旅行中の外国人ご夫婦に電車で話かけたこと』でした。
 
説明させて頂きますと…
ある平日の夜、電車で吊革につかまって揺られていたら
その外国人ご夫婦が乗ってきて、私の隣に並んできました。
 
数駅過ぎた停車駅で、ちょうど私の真後の席が
一人分空いたのですが、奥様の反応が早く、先に座られてしまいました。
「座りたかった…」と思いながら、
次の駅で目の前の座席が空きました。
何と二人分です。
 
やっと座れることになったのですが、二人分ということなので
必然的に旦那様が私の隣になるわけなんですね。
そして、そんな旦那様は
さっき私が座り損ねたのを察してか
「どうぞ」というジェスチャーで、先に座らせて下さいました。(感動)
 
私と旦那様、と向い合う奥様。
少しの気まずさと、ご夫婦の行先の検討がつき
まだまだ時間がかかるため
旅行中だし、お隣同士になってもらった方が良いだろうな、と
いろいろ考えること数分…。
 
結果、交換することにしたのですが
静かな電車の中+いきなり隣の人に話掛ける+英語!!というシチュエーションに
緊張してしまい、タイミングをうかがうこと数分…。
 
しかしここで言わなければ、きっとずっと(私だけが)気まずいので
いざ話しかけたら、すごくあっさり交換成功しました。
 
周りの人の視線を気にせず
恥ずかしさや緊張を振り切って
行動に出た自分、ナイストライ!と思えました。
 
小さいことでもトライしていくと
トライすることに対するハードルが下がって
行動力が増すものだろうな、と感じました。
 
いつの日か電車の座席に落ちていた
携帯も届けてあげればよかったな…。
 

昨日よりも1.01倍の自分

先日、上司から成長に関わる感慨深いお話を頂きました。

それがタイトルにもある1.01倍の成長です。

 

人間誰しも成長したいものだと思います。

しかし、成長することに焦って如何したらいいのか分からなかったり、

大きな目標を掲げすぎて途中で挫折してしまったり…なんていうのは私だけでしょうか。

 

上司によると「1.01倍の成長」つまり、「昨日の自分よりも1%の成長」を1年間毎日続けたら、

今の自分よりも約36倍成長した自分が1年後いる、と言うのです。

大きな目標を掲げ、ぐんぐん成長するだけが成長する方法ではなく、

小さな努力を毎日続けることもまた大きく成長する方法なのだと知るのと同時に、

1日1%の努力が36倍の自分につながっているという、継続の力のすごさに感心しました。

 

もう半月もすれば4月で、入社して1年になります。

今月初めに、社長とお話する機会がありました。

その際の「今年度、最も成長したと思うところは?」という質問に対し、

どこだろう?と悩んでしまいました。

今考えると、今年度は成長よりむしろ、自分の考え・行動の至らなさに気づかされ、

初心に戻った1年だったと思います。

 

4月からは2年目。 下も入ってきて、もう、うかうかもしていられません。

今「1」の自分を36倍の自分に。

来年度から…ではなく、この瞬間から「昨日の自分よりも1.01倍」を意識し、

「今年度、最も成長したと思うところは?」という質問に

来年ははっきりと答えらえる自分でありたいと思います。

 

 

通いだして4か月

週に一回ジムに通い始めてから4か月が経ちました。
ジムの中を見続けていて、気付いたことがあります。
 
1. ジムへ来ている人の目的の違い
2. 既存顧客の中での収益拡大
 
ジムへ来ている人は様々な目的を持ってきます。
純粋に筋肉量増加の為、健康な身体作りの為(運動不足解消)、
ゴルフやダンスなどのレッスンを受ける為、広い風呂に入りに来るため..etc..
ジムは単に筋トレをする為だけに来るところではなくなっております。
 
その中でジムは新規入会の客を呼び込む以外に、現状の既存顧客から
収益をさらに得るように取り組んでいます。
例えば、純粋に筋肉量増加目的の人の為、マンツーマンでトレーナーが付き、
筋肉増加の為の最適なトレーニングと生活指導を行います。
健康な身体作りの為、正しい食生活、日々の運動方法、
及び必要な人にはレトルト食品も販売しております。
先週行った際には、新しいプロテインの味が出たので、試飲会を行っておりました。
上記はほんの一例ですが、ジムは利用者に対して様々なアクションを取っております。
 
新規顧客を探すことも非常に重要なことですが、
既存顧客へ様々なアクションを行っていくことも重要なことだと改めて考えました。
 
そんな私ですが、最近自分の体重以上のものを、20回は持ち上げられるようになりました。
新しいことを始めるだけでなく、
継続して物事を続けることも大切なことだと実感致しました。
今後も継続します!
 
 

最大のチャレンジに挑戦

2015年1月、私は人生の最大のチャレンジとして、

ハーフマラソン完走!と決意しました。

 

やりたいと思っていても、言い訳をしてやらなかったもの、

ここ数年運動不足だということから、

今年は、人生で走ったことがない距離(ハーフマラソン)に挑戦します。

 

早速、春に開催される10kmマラソンに応募しました。

新しいランニングシューズを購入し、定期的に数キロ走っています。

 

仕事を終えた後のランニングは、きついのではないか、と想像していました。

しかし、走り終えた後、達成感と共に爽快感を得る事ができました。

さらに、外で走っていると、途中で新しいお店や公園を発見することもでき、

今となっては趣味・楽しみの一つとなっています。

 

このように、実践してみて、予想外の出来事がいくつもありました。

躊躇うのであれば、すぐに行動した方が面白いのでは、と思います。

 

私は、まず春の淀川で笑ってゴールします!

ページ上部へ