ホーム>NTW Inc.スタッフブログ

NTW Inc.スタッフブログ

オリンピックも多角的に見てみよう

冬季オリンピック熱戦中だ。

開幕前は盛り上がっていないとか、現地の状態が悪いとか、

こちらも特に楽しみでワクワクするといった感じでなかったのは確かだ。

しかし、いざ開幕して日本人選手の活躍が伝えられるとやっぱり応援したくなるし、嬉しくもなる。

韓国での開催というのもあり、時差の関係からもリアルタイムで中継を見られるというのもあるだろう。

現時点での日本人選手の金メダル獲得の瞬間を、両方リアルタイムで見ることができた。

中継の視聴率もすごかったらしい。

普段、ナショナリズム的な意識が少ない日本人でも、表彰時の国歌や国旗の掲揚には

ジーンときてしまうものがある。

メダルを獲得した選手のそれまでの、道のりや苦労に 思いを馳せてしまうからだろうか。

 

昨今、SNSの急激な広まりもあり、普段は一般人である選手も、

過去の写真やらエピソードやらが次から次へと出てくる。

メダルを獲得すれば、好意的なものが中心になりだろうが、 結果が出せなければ、

否定的な過去を引っ張り出して、無理やり敗因にこじつけられたりする。

人間やメディアの醜い部分である。

だからなのか、今回メダルを獲得する選手は、以前から注目されていたというのもあるが、

メディアへの対応や、周囲への気遣いもとにかくきちんとしている印象を受けた。

メダリストになれば、それこそ今後の彼らの一挙一動がニュースになる。

むしろ五輪後の方が、彼らが一般人の感覚にはすぐには戻してもらえない。

もしかしたら、それが普段の彼らの性格であり、姿勢なのかもしれないが

注目される自分を意識してるのは少なからずあると思う。

「自分らしく=周囲に受けいられやすい」 とはならない場合は、特に気苦労も多いし

それこそ精神的に疲れはててしまい、競技への熱意もなくなっていってしまう選手も多い。

 

応援する側、見る側は彼らにとって力にもなるが、

結果的に彼らを追い詰めてしまう場合もあるのだと 思う。

 

それは意外と、普段の毎日や生活の中にもあったりする。

気にもなっていなかったことが、何かの拍子にクローズアップされ、

自分にとって 良いように作用されたり、周囲によって悪い方へ作用されたり。

「自分は自分」と芯はブレずにいたいのだが、人間は弱いのでついつい周囲の目や波に 心が揺れて、

結果後悔したりする。

逆に、相手側で起きたことも、自分の対応によって良くも悪くも動いてしまうことに 対して、

意識を持って誠意ある対応しているだろうか。

結果や出来事を一つの側面だけで、判断するのではなく多角的にその先も見据えて

対応することを心がけていくと、後悔ない進み方ができるのではないかと。

 

残りのオリンピックも活躍する選手、結果を出せない選手、様々だろうと思う。

試合の勝ち負けだけでなく、彼らを応援する側として、選手の人となりも 周囲も、

メディアの反応も多角的に見ていくとより楽しめるのではないかと思う。

 

M.Y

出会い、縁 ⇒ Team ⇒ Team Work

団塊の世代です、XX歳です、NTW XXでお世話になっています。

 

1. これまでお世話になった会社10社(1社:日本、9社:外資海外-現地採用、日系海外-現地採用)

←25か国訪問、住んだ国-8か国、勤務長いところで23年、短いところ1年。

すべて出会いと縁とで関係が出来、結果としてお世話になりました。

2. すでに稼働している会社-工場、新規立ち上げ会社-工場、会社倒産、会社閉鎖、、、

as 現地雇われ社長、Director, GM,工場長、Manager,,,いろいろと経験させていただきました。

3. ほとんで製造会社、工場です。(営業は1回だけ2年)

 

そんな中で得たこと、言えること - - - - ご参考になれば

 

1. 前進するのみ

どんな苦境でも前進することへの方法、アイディアを見出す。

(馬は後ろの草を食べない、前の草のみを食べて進む)- - -(ホントかな?)

後ろは見ない、しかし反省無くして改善はない- - - Reviewはする。

2. 物事、最後は2者択一

2者択一後、必ず問題にぶつかる、その時、選ばなかったもう一方に嫉妬するが

どっちを選んでも必ず問題にぶつかる現実を認識し、選んだ方を悔やまない。(前進するのみ)

仕事の選択、判断の選択、、、はたまた彼女、彼氏の選択、趣味の選択、、、、、、等。

3. Team Work Team Workの基本は同じ目線でCommunicationする

(子供と話すとき、しゃがんで話すように、、、)

相手には相手の文化、価値観、知識度、、、がある。得たい目的、結果を理解してもらうために。

相手が高い目線の場合、疑問点を質問する勇気を持とう(聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥)

4. 結果と手段(方法)

いい結果にはそれなりのいい手段、方法、Processがあったと認識する、

よっていい手段、方法、Processを見出すことに努力する。

(まぐれ、ラッキーもあるが長い道のりにおいては遠回りになる事、認識する)

 

こんなことを申している私自身、ここまで失敗の連続であり今も失敗の渦中におります、

でもこうありたいと努力中(まだまだ過程)です。

 

K.I

継続は能力

一層冷え込んできましたが、皆様お体にお変わりございませんでしょうか。

私は風邪ではないですが、寒暖差のせいか鼻がムズムズしています。

 

さて、先日弊社の研修でクリティカルシンキングの講座を受けました。

その中の一つで、「限られた時間にアウトプットするのは一つの能力」とありました。

そしてその能力には、トレーニングが必要だと。 確かに意見出しの場で他人の案を聞いたとき、

あー、私もそう思った。と心の中で浮かべばどこかで満たされているような…

帰宅してボーっと考え事をしているときに あ、これを言えば良かったとふいに思ったり…と

振り返ると瞬発力に欠けていました。

 

必要なトレーニングとは? 私の行きついた答えは、「予習と復習」です。

私は外国語に興味があり、誰もが一番に習い始める?

英語に関しては 自分の中でスイッチがあります。スイッチが入ると瞬発力が生まれます。

すらっと返しが出来るということです。

ですが、英語の勉強や会話をしなくなったこの頃は必要な時に浮かばす

帰宅したときに文章が完成しただの独り言で終わってしまっているのが現状です。

ツッコミやボケの瞬発力は日頃からトレーニングされていますが…

 

今回講座を受けた所では、授業の前に課題が出され 授業は受講ではなく

発表とディスカッションの場として進んでいくそうです。

予習をしないとただ他人の意見を聞くだけのインプットで終わるのです。

また、復習をしないと同じことの繰り返しです。

 

「予習と復習」これは学生の頃から耳にする言葉で シンプルな聞こえかもしれませんが

社会人になっても基礎となる言葉だと改めて感じることができました。

「予習と復習」の継続を実行をし、自分自身のアウトプットから

『現場商社®︎』を知ってもらえるように精進して参りたいと思います。

 

H.O

2月の拠点スローガン

NTWグループの各拠点の2月のスローガンです。

 

東京「変化を楽しむ」

大阪「目標に向けて」

SZ 「一致団結」

VN  「最後までやりつくそう」

PH  「Growing」

インターネプコン ジャパン2018

2018/1/17~19まで東京ビッグサイトで「インターネプコン ジャパン2018」が開催されました。 NTWの展示ブースの様子を紹介いたします。

2018129155024.JPG

2018129155143.JPG

2018129155456.JPG

2018129155825.JPG

たくさんのご来場ありがとうございました。

気付きと行動

東京ビッグサイトで行われたインターネプコンショーに今年も参加しました。

多くのお客様と話をすることができました。

お越し頂いたお客様に、改めて感謝を申し上げたいです。

ご多忙の中、誠にありがとうございました。

 

ところで、話は変わりますが、インターネプコンショーには、 弊社の海外拠点からもスタッフが毎年来ております。

今年は、一人フィリピン人のスタッフがネプコンの為に来日しました。

そのフィリピン人スタッフは日本に殆ど訪れたことが無く、日本語も分からないとの事で、

フィリピンでお世話になりっぱなしな状態の御礼を兼ねて、私が案内をしました。

 

下記は、案内中のいくつかの気付きです。

(ガイドブック等で全く何も勉強してきていない前提)

 

1. 空港に着いてから、電車を使用する時、案内が無いのでどうしたらよいか分からない。

2. 都心は地下鉄の出入り口は沢山あるが、エスカレーターとかエレベーターが無い所が多い。

3. 英語が通じないって怖い。

4. 満員電車を降りれない。

 

・・・・・ 書くと切りが無いので、空港~ホテル~秋葉原までの道のりだけですが、

普段、私たちが当たり前の様に行っていることも、違う視点から見ると気付きが生まれました。

例えば、今お客様に購入頂いている基板を、良い価格・納期・品質・そしてサービスで売ることがベストなのか、

それともNTWが現時点で行っていないサポートが、違う視点で見ると有るのではないか。

つまり、お客様も現時点でNTWに要求していないが、

新しい事をNTWが今までの基板サポートと同時に行うと、 お客様にとってのベストの更に上を行くことが

出来るのではないか、、、

そのように考えるきっかけになりました。

 

現場商社でありながら、且つNTWがお客様の為に他に何が出来るかを、お客様視点で考えていきたいと思います。

 

R.O

感情は論理の上をいく

先日家電量販店に行っていた時のこと、 何も購入するつもりはなく、

ただ時間潰しと思い 店内を見て回っていた。

 

商品を見ていると、時折店員が近づいてきて、 こちらがどういったものを探しているのか聞いてくる。

一方的に商品のPRをするのではなく、

質問をした上である程度こちらのニーズに合わせて 商品の説明をしてくる。

 

ニーズを抑えているので的を外すさない 納得感のあるPRであったが、購入には至らなかった。

理由はすぐに飽きて使用しなくなり、

結果として、 無駄遣いに終わってしまうのではないかという不安があったためだ。

(金銭的には何とか購入できる余裕があったのだが、多くの衝動買いが

 無駄遣いで終わるケースを私は沢山経験している。)

 

購入するつもりはなくとも、いざ商品を目の前にすると 衝動に駆られてしまうのはよくあることだ。

そこに納得感のあるPRが追加されれば、衝動は更にかきたてられる。

そこで理性をしっかり働かせ、思いとどまることで なんとか破産への道を免れてきている。

 

しかし、理性を保ち順調に店内を見て回れていたのも束の間、 フードプロッセサーを購入してしまった。

当初は購入するつもりもなく、且つ無駄遣いで終わるという

不安が拭えていなかったにもかかわらずである。

 

一人暮らしで自炊をしているため、フードプロッセサーを使い

野菜を刻んだり、ミックスジュースをつくったりなどを妄想していると、

必要であるという思いが不安を上回ってしまったようだ。

 

ここで言いたいのは、自身の衝動買いに対する反省の弁ではなく、

私に関わらず、人は往々にして理性ではなく感情に流され 行動をおこすという点である。

 

親や先生、上司などに叱られた際に、 自分に非があることは明らかにも関わらず

素直になれなかったりするのは感情が理性を上回っているからである。

 

どんなに完璧な論理武装をしたアイディアであっても、

人によっては受入れらなかったりすることがある。

 

もちろん理屈は人に納得感を与え、行動を起こさせる上での重要要素である。

しかし、あくまで感情は論理の上にある。

 

仕事やプライベートでも、相手に行動を起こしてもらいたいときは

理性に訴えるだけでなく、良い意味で相手の感情にまで響いているかという

視点を意識して持つことが必要だろう。

 

(P.S. 棚上げしてしまったが、私の衝動買いに対しては、

家計のためにも、もう少し理性を働かすよう改善していかなければならない)

R.F

1月拠点スローガン

NTWでは拠点ごとに月間スローガンを掲げています。

1月の月間スローガンです。

東京本社           「変化を楽しむ」

大阪              「One by one」

深圳(中国)          「やればできる」

ハノイ(ベトナム) 「最後までやりつくそう」

マニラ(フィリピン)「Growing」

間もなく、2017年が終わる。寒風吹きさらす師走の街、とも、ジングルベルが流れる中、

街で恋人を待つコート族、とも、関係の無い異国の地でありながら、年末の風物詩として、

今年の漢字のニュースを見ていた。  

今年の漢字に選ばれたのは、『北』。2位に大差をつけての選出となったようだ。

 

 

2017122693446.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体投票数が15万3594票とのことなので、それぞれの得票率は上記の数字のようになる。

北朝鮮の脅威・北海道じゃがいもの不作・北海道日本ハムファイターズの大谷選手の大リーグ移籍・

北島三郎オーナーの所有馬キタサンブラックの活躍、などがその理由だそうだ。  

 

2016年が金で6,655票(4.33% 総投票153,562票)、

2015年が安で5,632票(4.34% 総投票129,647票)ということなので、

今年の結果も、例年通り、ということにはなる。

が、選ばれました!という結果が、全体の4%強、という結果を見ると、

4%が果たして今年の代表と言えるのか?という疑問に突き当たる。

とはいえ、例えば上位10個を再度投票して、という問題とも思わないし、

日本漢字能力検定協会という一団体が選んでいて、

ここまで世の中に浸透しているものにケチをつけるつもりも無いのだが。

ただ、見方を変えれば、これも今年のトピックスの一つであった

衆院選挙の比例代表並列制以上に、多数決の怖さを感じなくはない。

 

実際のところ、北朝鮮の脅威を表すには、

先方の指導者の名前から『金』を選んでも説明はついた

(実際のところ、すでに3度今年の漢字に選ばれている『金』だが、

そのうちの一度は、北朝鮮の指導者の名字から来ている。)し、

ジャガイモとキタサンブラックの共通点として『馬』でも良かったようには思える。

つまり、色々な選択肢(常用漢字は2,136字)に150,000票もの票が分散する訳なので、

4%はすでに多くの数、と言えるものなのかもしれない。

個人的なトピックスから漢字を選び、投票する人も居るだろうし、

世相を表す漢字を選ぼうと思っても、それだけ多様なものが選ばれる。

そしてまた、その多様性が、国民としての強さを表していると思われる。

例えば、国民の80%が同じ漢字を選ぶようであれば、

新しい年、3年後が心配になってしまう。

 

閑話休題。NTWにとっての今年の漢字を考えると、何だったんだろう。

フィリピンの立ち上げ、全社での社員研修・社員旅行から、『比』になるのだろうか?

それとも、色々な変化があった年として『変』になるのだろうか?

我々のような小さな集団でも、様々な角度から、様々な漢字が出てくることを願って止まない。

なお、私個人の2017年は、『整』であった。

来年以降にはばたくために、整えないといけないことを進めていった年、であった。

日本に居たのは、合計で数日にすぎないが、

2017年の日本を表す、という意味で言えば、

上記順位を見た上でのコメントになると、『乱』を選ぶ。

 

さて、来年はどんな一年に?

Y.S

月末

中国では簡体字ですが日本のように漢字を使う国です。

初めて中国へ行ったのは旅行で当時は中国語を話せませんでしたので

中国語会話集を見ながら漢字を使い筆談でコミュニケーションしており

不自由はありましたがなんとか旅行できてました。

 

日本と同じ漢字も多数ありますが、日本語と中国語で全く違う意味の単語があります。

有名なところでは床が中国語ではベッド、手紙がトイレットペーパー等。

 

最近、月末納期で工場に注文して下さいと依頼があった注文書が

20日納期の注文書になっていたので指摘したところ

月末は中国では20日からその月の最後の日という返事でした。

月末納期で注文するよう依頼してきた工場の納期管理担当者にも確認したところ

同じ認識なので20日で良いとのことでした。

上旬、中旬、下旬は日本と同じ認識でした。

 

このように同じ漢字でも微妙に意味が違うパターンもあることは

10年以上中国に住んでいて初めて知りました。

 

弊社深センスタッフは全員、私の中国語レベルよりはるかに流暢な日本語を話すので

普段、日本語でコミュニケーションしておりますがこのような理解の不一致は

思い込みもあってトラブルの原因になるので

より一層のコミュニケーションが必要だなと思います。

 

M.M

ページ上部へ